メルペイフィーバー

2020年3月、数多い日本のQRコード決済サービスの中で最もアツイのは、メルペイです。

メルカリ(メルペイ)をまだインストールしていない方のために
お得な登録方法はコチラから

どんなふうにアツイのか?

現在3月16日ですが、メルペイフィーバーと言うキャンペーンで最大50%ポイント還元の3つの企画がすごいです。

(20%バックのコンビニでの買い物対象のキャンペーンもありますが、上限の6000円に合算されてしまうので、18歳以上の人はこれは使わないほうがいいかもしれない)
※ 50%のポイント還元は18歳以上の利用者が対象です。18歳未満の場合は20%が最大となります。

1.3月21日までのドラッグストアフィーバーでの50%還元。


ウエルシアやマツモトキヨシといったお馴染みのドラッグストアでの支払いが50%還元の対象です。実は管理人はこれでメルペイを初めて使ってみたのですが、びっくりしたのが支払った翌日にポイントが加算されていること!
先月の40%ポイントバックだったPayPayのキャンペーンのポイント還元がなかなか時間がかかることを考えると、このメルペイのスピード感はすごい大きなインパクトがあります。

2.どんな感じかって言うと

例えばメルペイに登録した銀行から2000円チャージしたとして、1500円の買い物をウエルシアでしたとします。すると50%のポイント還元なので翌日には750ポイントのポイントが入ります。
つまり、現金は2000円− 1500円= 500円になりますが、これに750ポイントが加わるので、合計で1250円の買い物ができるようになるというわけです。

仮にさらに翌日は、マツモトキヨシで1000円の買い物をメルペイ決済でした場合、ポイントの750円から先に消費されるので750円分のポイントと250円の現金が引き落とされます。

で、その翌日1,000円の買い物の50%分のポイントつまり500ポイントが、残った250円の現金にプラスされるので翌日は750円分の買い物ができるようになります。

なんか永遠につづかないかなぁと思ってしまいますが。。。
さすがにそういうわけにもいかず、ポイント付与の合計は3000円で打ち止めです。

上記の例で言うと、750 +500 = 1250ポイント付与されているので、あと1750ポイントもらえる余地があるということですね。

3.飲食店フィーバーも翌日還元。


3月8日からは、マクドナルドや牛角、吉野家、すき屋、松屋などの牛丼チェーン、スシロー、はま寿しなどの回転寿司での支払いをメルペイでした場合50%の還元の対象になります。

先月のPayPayの40%還元が話題を呼びましたが、
50%還元はYahoo!プレミアム会員のみ、しかも還元までに時間がかかるという欠点をメルペイはクリアしています。

全員が50%還元!しかも翌日ポイント還元!

よく外食をする人はしばらくメルペイのポイント還元で節約することも可能。何しろ翌日還元ですからね。

これも他のメルペイフィーバーと合わせて3000ポイントが上限の還元となります。
期間は3月28日までです。

4.街のお店フィーバーは電化製品も対象に

街のお店フィーバー
メルペイフィーバーの中では一番最後の3月15日スタートだったまちのお店フィーバー。
ヤマダ電機、ジョウシン、100満ボルト、ビックカメラなど家電量販店や、ツタヤ、GEO、さらにトイザらスなどなどいろんなお店が対象。

50%の還元でちょっとした電化製品も狙えるのはなかなか魅力的。
あんまりドラッグストアには行かないし、外食もしないしなあ。。って方にはおススメです。

期限は3月31日までです。

5.コンビニフィーバーの20%還元は18歳未満向き


セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなどのコンビニでの利用に対して20%還元するキャンペーンです。

他のフィーバーと上限が合算されてしまうため、18歳以上の人はこれは使わないほうがいいと思うのですが、高校生など18歳未満の人はどのみち20%が上限ですから、これを利用するといいと思います。

こちらは7時から13時までの時間限定。
期間は3月31日までです。

メルカリ(メルペイ)をまだインストールしていない方のために
お得な登録方法はコチラから